【Bランク】エネコロロ【きよらかなもり攻略】

きよらかなもり
スポンサーリンク

どうも、あめっこ(amekko12)です。

ポケダン赤青最難関ダンジョン「きよらかなもり」の攻略レポートです。

  1. 序盤 ~14F
  2. エアームド狩り地帯 15F~17F
  3. 中盤 18F~50F
  4. マルマイン、エビワラー、サワムラー狩り地帯 51〜56F
  5. 終盤 57F~79F
  6. 深層 80F~

の6つに分類しております。

最後には、使用感と攻略ポイントをまとめておりますのでぜひご覧ください。

 

きよらかなもり完全攻略マニュアルです。

階層ごとの立ち回り等詳細に書いてあるので、あわせてご覧ください。

 

能力低下、状態異常わざを使ってくる敵ポケモンをまとめています。

 

ある程度知識のある方向けに書いていますので、用語等その他わかりにくいことがあれば、こちらのサイトを見ていただくとわかりやすいと思います。

清らかな森攻略スレまとめ - ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊/赤の救助隊 Wiki*

 

【Bランク】エネコロロ

Lv1ステータス 50-15-15-15-15

覚えるわざ

Lv1

なきごえ PP20 命中100 部屋

メロメロ PP10 命中100 角抜け

うたう PP17 命中100 角抜け

おうふくビンタ PP17 命中70 正面

 

【〜14F】

初期ステータスはそこそこだが、レベルアップは遅め。ステータスの伸びはいい。

最初からメロメロやうたうといった優秀な行動不能わざを覚えているが、攻撃技がおうふくビンタしかないのが少し辛い。

タイプ一致のおうふくビンタの火力はかなり高い。危険な敵はこれを使ってサクッと倒す。

とりあえず経験値を稼ぐために、なきごえを積極的に使いながら狩っていった。

ニドランは、特性どくのトゲが厄介なのでうたうで眠らせてから通常攻撃で叩いた。

進むにつれて少し火力も耐久も怪しくなってくるが、プラスルやマイナン等を相手に稼いだ。

イーブイやピッピなどの強敵は、戦わずワープスカーフで逃げた。

自身の持つ特性メロメロボディは発動機会もそれなりに多く、優秀な特性。

 

1Fしあわせのタネ入手。

2Fわざマシンメロメロ入手。すでに覚えているが、とりあえず保管。

6F開幕モンハウ。バクスイだまを使用し、通路で先頭のポケモンにメロメロを使い、フタをして逃げた。

わざマシン10まんボルト入手。

8Fわざマシンでんげきは入手。

9Fワープスカーフ入手。

14Fモンハウは逃げた。

 

【15F〜17F】

エアームド狩り開始時  Lv4

装備  なし 

わざ  なきごえ、うたう、おうふくビンタ、メロメロ

物資  おおきなリンゴ×3、ピーピーマックス×3

 

15Fは不思議な床あり。風が吹くまで粘った。

開始直後のLv4では、火力も耐久も足りないため、ゴローンのいしやいしのつぶてで何体かエアームドを倒した。

他の敵はなきごえ入れて通常攻撃で地道に叩いた。

エアームドのつつくは10ダメージ喰らうが、他はさほどダメージはないので、不思議な床があれば厳しくはない。

Lv6まで上がると、耐久はかなり安定してきた。エアームド以外の攻撃は、基本1ダメージ。

Lv7になったタイミングで次の経験値が5000必要になるので、しあわせのタネを食べてLv8へ。

Lv8になると余裕になり、エアームドのつつくも4ダメージしか喰らわない。

16Fも不思議な床あり。全てのわざのPPを使い切ったが、余裕があるのでわるあがきで狩った。タイプ一致なのでそれなりに火力も出る。

食料がなくなるまで狩り、次の階へ。

17Fも不思議な床あり。おおきなリンゴを拾えたので、しばらく狩った。

途中モンハウに遭遇したが、ピーピーマックスを飲み、通路で全員処理した。

 

Lv9まで上げ、エアームド狩り終了。

 

エアームド狩り終了時  Lv9

 

【18F~50F】

開始直後は、耐久に余裕あり。

フロアを探索して、アイテムを集めた。

30Fあたりから耐久に余裕がなくなってくるが、メロメロやうたうで誤魔化しつつ、何とか狩っていく。

おうふくビンタはヒット数が不安定な上に結構外れるので、思ったほど信用できなかった。

しかし、おうふくビンタしかまともに火力の出せるわざがない。

狩りは少しキツかったが、レベルアップが遅いため、この地帯ではまだ狩りはサボれない。

 

21Fわざマシンしんぴのまもり入手。保管。

26Fれんけつばこ入手。

ガーディのひのこが14ダメージ入った。耐久は少し危うい。

途中、なきごえを10まんボルトに上書きした。

34Fしあわせのタネ入手。

35Fで階段部屋がモンハウ。ワープスカーフとしゅんそくのタネで乗り切った。

ドードーのみだれづきが一回につき16ダメージも喰らい、死にそうになる。耐久が足りなくなっている。

38Fのカクレオン商店でしあわせのタネ購入。

40Fぼうぎょスカーフを入手し、装備。耐久にかなり余裕が出て助かった。

わざマシンひみつのちからも入手。10まんボルトは火力がなく使いづらいため、上書きした。しかし、ひみつのちからも大してダメージが出なかったため、まだ10まんボルトのほうがマシだった。

途中、うたうとおうふくビンタを連結した。

43Fでノクタスのすいとるが17ダメージ喰らう。とくぼうは余裕がない。

46Fわざマシンあなをほる入手。ひみつのちからに上書きした。

あなをほるはわざの威力自体が高く、それなりに火力が出せるため重宝した。

 

【51F〜56F】

マルマイン、エビワラー、サワムラー狩り開始時  Lv11

装備  ぼうぎょスカーフ

わざ  うたう+おうふくビンタ、あなをほる、メロメロ

物資  おおきなリンゴ×4、ピーピーマックス×4

 

マルマインは特性ぼうおんでうたうがきかないので、メロメロを入れていた。さらに特性せいでんきがこわいが、連結わざのおうふくビンタで削る。

火力が足りず、マルマインすらおうふくビンタで一撃で倒せないことが多い。

かくとうわざも抜群でエビワラーやサワムラーも危険だし、マルマイン地帯の狩りはかなり厳しかった。

フォレトスにも歯が立たず、こうげきやぼうぎょを一回でも下げられたらキツくなる。

メロメロやうたうで敵の動きを止めながら、できるだけ相手に行動させないようにして立ち回った。

 

51Fは不思議な床なし。早めに次の階へ。

52Fは不思議な床あり。ひかりのたまを使い、多少粘る。

途中、あしらいスカーフ入手。フォレトスには歯が立たないので、あしらいスカーフで倒すしかなかった。

わざをフルに使いながら何とか狩り続けた。Lv13になったタイミングで次の必要経験値が8000になるので、しあわせのタネを2つ食べLv15に。

さすがに火力も耐久もそれなりに高くなり、余裕ができた。ほのおタイプ勢はあなをほるで一撃。

53Fは不思議な床がなかったが、たんちのたまを使い、狩る。能力を下げてくるやつらは、動きを止める。Lv16まで上げた。

このタイミングで、ピーピーマックスも食料もなくなってきていたので、狩りを切り上げた。

 

Lv16まで上げて、狩り終了。

 

マルマイン、エビワラー、サワムラー狩り終了時  Lv16

 

【57F〜79F】

ぼうぎょスカーフのおかげで耐久には余裕があったので、無理しない程度にフロアを周ってアイテムを集めた。

火力が少し足りず、おうふくビンタのヒット数が不安定なので1ターンで倒せないことも多かった。

危険なサナギラスは特性だっぴでメロメロやねむり状態を解いてくるので、あなをほるで一撃で仕留めた。

 

57Fしあわせのタネ入手。

59Fしあわせのタネ入手。

60Fれんけつばこ入手。

67FLv17になり、即しあわせのタネを2つ食べてLv19に上げた。火力も耐久もかなりのものになった。

もう充分に感じたので、以降は階段見つけ次第即降り。

75Fしあわせのタネ入手。即食べてLv20に。

 

【80F〜】

ぼうぎょスカーフのおかげで物理耐久はかなり硬いが、とくぼうは危うい。

バクーダのひのこが40ダメージ喰らう。

パラセクトはおうふくビンタの一発が25ダメージ程度しか入らず、余程ヒットしないと一撃では無理。特性ほうしが怖いので、うたうで眠らせて封じてから倒す。

とにかくメロメロやうたうで敵の動きを封じてから、おうふくビンタで倒していった。

カゲボウズはゴーストタイプでおうふくビンタが通じないので、メロメロで動きを止め、ワープスカーフで逃げた。

 

90Fで、食料が尽きおなかが少し危なかったので、連結を外した。

あなをほるを忘れさせ、しんぴのまもりに変更し、キノコのほうしに備えた。

ぼうぎょスカーフのおかげで、モルフォンのぎんいろのかぜは15ダメージしかきかなかった。

93Fのカクレオン商店でしあわせのタネ購入、お土産も。念には念を入れて食べておき、Lv22へ上げた。

 

そのまま何とか最終フロア到達。

 

クリア時ステータス

Lv22  137-53-54-51-47

わざ  おうふくビンタ、しんぴのまもり、うたう、メロメロ

アイテム  ぼうぎょスカーフ(装備)

あしらいスカーフ、つうかスカーフ、ワープスカーフ、ぱっちりメガネ、きのえだ16こ、ぎんのハリ7こ、てつのトゲ10こ、オレンのみ、いのちのタネ、ふらふらのタネ、ワープのタネ×2、ピーピーマックス×3、しばりだま、せんたくだま、ふらふらだま、ワープだま、れんけつばこ

 

おわりに

感想

最初から、うたうやメロメロなどの優秀な行動不能わざ、タイプ一致かつ連続攻撃わざのおうふくビンタを備えています。

しかし、いくらレベルを上げても他のわざは覚えません。

わざマシンを拾えない限り、攻撃わざはおうふくビンタしかないため、PP管理がキツくなります。

わざマシンの対応率はそれなりにいいですが、あまり火力が出ないものも多いです。

このため、思うように経験値を稼ぐことができず、レベルアップに苦労しました。

これに加えてレベルアッブが遅いため、耐久や火力が足りなくなる場面も多かったです。

わざマシンの引きはかなり重要ですね。やつあたりを引ければ、うたうとメロメロのおかげで敵の動きを止めるのには困らないので、かなり難易度は下がると思いますが…

ワープスカーフがあれば、メロメロとうたうのおかげで逃げプレイは楽ですね。

 

攻略ポイント

序盤からレベルアップは遅いため、積極的になきごえを使って稼いでいく必要があります。

まださほど苦労はしないですが、強敵は危険なので、おうふくビンタを使うなり、メロメロで動きを止めて逃げるなりしましょう。

Lv4になるくらいは稼いだほうがいいですね。

それでもエアームドはキツイので、ゴローンのいしやばくれつのタネなどの固定ダメージアイテムは出来るだけ集めておきましょう。

ステータスの伸びはいいので、耐久はそれなりに余裕があります。最初のエアームドさえ何体か倒せれば、軌道に乗れるでしょう。

中盤も狩りはサボれません。いいアイテムを拾うのと、敵を倒すためにフロアを探索しましょう。

30Fあたりからだんだん耐久が足りなくなってきますが、メロメロやうたうを使いながら何とか狩っていくしかないです。

うたうとおうふくビンタはPPが同じかつ、眠らせると触れると発動する特性の効果を防げるので、とても相性のいい連結わざです。れんけつばこを拾えたら、この2つを連結するといいですね。

もちろん、順番はうたうが先です。

マルマイン狩りは、正直キツいですが、やはりサボれない…。

マルマインはぼうおんでうたうを封じてくるし、抜群をついてくるかくとうタイプ勢の猛攻は辛い。

この辺でいいアイテムが拾えておらず、狩りも厳しいようであれば、逃げプレイに切り替えるのもいいかもしれません。ワープスカーフやあしらいスカーフがあれば、なんとかなりそうです。

マルマイン狩りを乗り切り、稼げたのであれば、終盤もなんとかなると思います。

いやなおと使いのサナギラスは、特性だっぴなのでうたうやメロメロは通じません。すぐ解けてしまうので注意。

深層では、倒せる敵は倒し、危険な敵はメロメロやうたうを入れて逃げてもいいでしょう。いいアイテムやわざがなければ、もう逃げ切るしかないです。

パラセクトにおうふくビンタを入れるときは、うたうで眠らせてからじゃないと特性ほうしを発動させてしまう確率が高いので注意。

他のポケモンの攻略レポートはコチラ↓

コメント