【ガキの使い】長渕剛をみんなで歌い切ろう〜!! 感想【2019/2/24】

お笑い
スポンサーリンク

どうも、あめっこ(amekko12)です。

2/24放送のガキの使い、みんなで長渕剛を歌い切ろう〜!!の感想です。

新企画でしたね。

次回予告だけでは、どんなことをやるのかよくわからなかったんですが、なるほど〜って感じでした。

 

みんなで長渕剛を歌い切ろう〜!!

長渕剛さんのとんぼを10パートに分け、自分がここだ!と思ったタイミングで歌いだし、誰とも被らずにそのまま歌いきれるか、というチャレンジ企画。

入るタイミングが被って何人も歌ってしまったり、誰も歌わずに無音になってしまったらアウト。

単純に、ゲーム性があって面白そうなチャレンジですね。

結構過酷で、そんなにうまいこといくか〜?って感じです。

 

昨年の笑ってはいけないの、遠藤さんが歌ったとんぼに、ダウンタウンが後から乗っかって歌う、というくだりからの構想だったんですね。

浜田さんの腰掛けるタイミングと歌い出すタイミングが絶妙で、「次、俺入るぞ」という感じがなかったので、あのくだり面白かったですね。

 

チャレンジ1回目はいきなり4人被り。

そりゃそうなりますよね。

いきなり被りなしで歌えるわけない。

遠藤さんから始まったくだりなので、なんとなく暗黙の了解で遠藤さんスタート…、その裏をかいて自分が…、みたいな探り合いが発生してますね。

 

2回目のチャレンジは、大東京のパートの取り合いでアウト。

2回目でここまで繋がった時点で、相当凄いですけどね。

先輩後輩とか、長渕ファンとかそんなん関係無しでと言ってたのに、ここはダウンタウンのガキの使いやから俺やろ、と文句を言う松本さん。

絶対言うやろなーと思ってました。

 

3回目は、誰も歌わず即アウト(笑)

リセットしようと言ってたはずなのに、浜田さんを責めるメンバー。

このわちゃわちゃモメる時間が、見どころですね。

 

なかなか歌いださない方正さんにキレる浜田さんが面白かったです。

後半のほうが被る可能性も少ないし、そこにたどり着く前に大体アウトになりますからね。

安全にいくなら歌わないほうがいいですが、ビビリすぎですね(笑)

 

なんとなく最初の歌いだしは浜田さんという流れができていたのに、あえて最初から入り、案の定被ってしまう松本さん。

できるだけ撮れ高が出るように、常になにか笑いを起こそうとする松本さんの姿勢が、やっぱりいいですね。

 

岩尾さんはたまに企画に呼ばれますが、松本さんはいっつも岩尾さんにキツく当たってるような気がしますね。

松本さんに個性を出せと文句を言われ、そのあとめちゃくちゃ癖出して歌ったときの岩尾さんが、今回二番目に面白かったです。

 

あれだけもったいぶって歌わなかった方正さんが、サビ前という微妙なパートを歌い出す謎のチョイス。

休憩中も、「俺、サビやろ?」と企画内容を無視したヤラセ発言。

ポンコツ感がでてましたね。

特に、立ち位置を変えるくだりのときに、トンチンカンなことを言ってみんなからボコボコにされる方正さんが今回一番笑いました。

 

あとは特に何かあるわけではなく、何回かチャレンジしたあと、最後普通にヌルーっと成功しましたね。

ほんとに、なんの規則性も流れもなく、普通に成功しましたね(笑)

たった一時間半でクリアって、かなり早いですよ!

絶対無理だと思ってたし、そのままクリアできずに終わるパターンかなと思ってたんでびっくりしました。

ほんとに、なんでいけたんでしょうね。

 

全体の感想としては、方正さんのくだりが結構面白かったですね。

特に立ち位置を変わるときのマイクのくだり。

方正さんはあまりイジられたくないのか、ほんとに「もうええから早く次行こ」って感じの顔でしたね(笑)

落語家になっても、いまだにポンコツキャラが時々見え隠れするのが面白かったです。

あと、浜田さんがなんとなく楽しそうだった気がしますね。

 

わりと和やかなムードで、大きな波もなく終わりましたが、ちょこちょこ面白いところもありました。

単調なチャレンジでしたが、色々なパターンがありましたし、そんなに長く感じませんでしたね。

30分番組だから、これくらいのゆるーい企画でも見てられるのがいいですね。

 

おわりに

次回は、1000円で昭和スターになりましょうの企画。

1000円オネェのシリーズですね。

テーマといい仮装といい、方正さんが得意そうな企画。

次回予告でも早速、薬師丸ひろ子さんのモノマネを披露してましたね(笑)

浜田さんは中森明菜さんかな?

DESIREのときのあの衣装かっこいいですよね。

1000円にしてはかなりクオリティ高い感じでした。

次回も楽しみです。

コメント