【初めて聞くなら】GARNET CROWのおすすめアルバム3選

音楽
スポンサーリンク

どうも、あめっこ(amekko12)です。

GARNET CROWのおすすめアルバム3選を紹介します。

彼女らの曲は、名探偵コナンのアニメでよく使われていたので、それで知っている方も多いと思います。

ボーカル中村由利さんの素朴で懐かしさを感じさせるような歌声と、作詞家AZUKI七さんの感性豊かな独特の歌詞が大きな特徴です。

メンバー4人がそれぞれの役割に徹し、クオリティの高い楽曲をいくつも生み出しています。

その深みのある世界観には、一旦ハマると虜になってしまうので、コアなファンも多いですね。

ぜひ聞いてみてください。

 

おすすめアルバム3選

first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜

2001年に発売された、1枚目のアルバムです。

全体的に透明感があり、切なさを含んだ落ち着いた曲が多いです。

AZUKI七さんの豊かな感性で切り取られる日常や人間模様は、とても儚く美しいです。

同じ世界を見ているはずなのに、彼女らの曲を通して覗く世界は、透き通って見えます。

日々の生活に疲れ、濁ってしまった感性を浄化してくれるような、そんな1枚です。

僕は、このアルバムを初めて聞いてGARNET CROWを知り、虜になってしまいました。

今でもこのアルバムが一番好きです。

 

『Mysterious Eyes』『夏の幻』『flying』など、有名なシングル曲も多数入っており、ディープなアルバム曲とのバランスもいいです。

個人的には、この1枚は外せません。とにかくオススメです。

 

収録曲

  1. 水のない晴れた海へ
  2. 君の家に着くまでずっと走ってゆく
  3. 夏の幻
  4. 二人のロケット
  5. 巡り来る春に
  6. HAPPY DAYS?
  7. Mysterious Eyes
  8. Rhythm
  9. Holding you,and swinging
  10. flying
  11. 千以上の言葉を並べても…
  12. wonder land
  13. 夏の幻 (secret arrange ver.)

 

アルバム内オススメの3曲
夏の幻

GARNET CROWの曲の中でもトップクラスの人気を誇る、初期の名曲です。

オリジナルとアレンジ版の2パターンが収録されていますが、僕はアレンジ版が好みです。

よりポップなアレンジになっているのですが、そのぶん歌詞の切なさが際立つような気がします。

13 . Garnet Crow – 夏の幻 secret arrange ver

 

Mysterious Eyes

デビューシングルです。この曲もかなり有名ですね。

疾走感のあるメロディーと、中村由利さんの素朴な歌声の不思議なバランスがとてもいいです。

個人的には、コナンのオープニングの中で一番マッチしていたように感じます。イメージにぴったり。

名探偵コナンOP Mysterious Eyes

 

Rhythm

アルバム曲。クールな曲調ですが、歌詞には揺れまどう強い感情が現れており、激しい鼓動を感じます。

このアルバム内でも、1、2位を争うくらい好きな曲ですね。

Garnet Crow – Rhythm

 

 

SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜

2002年に発売された、2枚目のアルバムです。

恐らくGARNET CROWの曲の中で最も知名度が高いであろう、大ヒットシングル『夢みたあとで』が収録されています。

4曲収録されているシングル曲は、どれもGARNET CROWらしい深みのあるバラードです。

しかしアルバム曲は、明るい曲やロックで激しい曲、ダンスミュージック的な曲など個性豊かなものが揃っていて、新たな一面を見ることもできる1枚です。

 

収録曲

  1. 夢みたあとで
  2. call my name
  3. Timeless Sleep
  4. pray
  5. Naked story
  6. Last love song
  7. スカイ・ブルー
  8. wish★
  9. Please, Forgive Me
  10. Holy ground
  11. Mysterious Eyes ~dry flavor of “G” mix~ (bonus track)
  12. Timeless Sleep ~Flow-ing surround mix~ (bonus track)

 

アルバム内オススメの3曲
夢みたあとで

渾身のバラード。やっぱり名曲です。

中村由利さんが初めて作曲された曲だそうです。

AZUKI七さんの歌詞によく出てくる、無常観が色濃く現れていますね。

夢みたあとで

 

Naked story

とてもノリが良く、ワクワクさせる曲です。

たまに、急にふっきれてハイになり、視野が広がるような日がありますが、そんな感じの曲です。

いつものイメージとの振り幅や不安定さが、人間らしくていいですね。

こんな時もあります。

GARNET CROW – Naked story [Audio]

 

Last love song

「これが最後の恋になるように…」と、長く続く愛を願うラブソングです。

AZUKI七さんの描く恋愛は、「今は幸せでも、いずれ終わりが来てしまう」という、無常観にもがいていることが多いですね。

Last love song

 

I’m Waiting 4 You

2004年に発売された、4枚目のアルバムです。

1曲1曲の世界がとても濃い印象があります。

曲自体が持っている世界観を、うまく引き出すAZUKI七さんの歌詞の表現力には驚かされます。内容だけでなく、音に言葉をはめる技術も素晴らしいですね。

ダークな曲から爽やかな曲、ノスタルジックな曲など、様々なものがそろっています。

全体を通してのイメージは、壮大な自然を感じます。

知名度の高い人気シングル「忘れ咲き」も収録されており、おすすめの1枚です。

 

収録曲

  1. 夕月夜
  2. 冷たい影
  3. 忘れ咲き
  4. 君を飾る花を咲かそう
  5. U
  6. fill A Way
  7. 僕らだけの未来
  8. この冬の白さに
  9. ブルーの森で
  10. 雨上がりのBlue
  11. picture Of World
  12. Sky ~new arranged track~
  13. 君 連れ去る時の訪れを

 

アルバム内オススメの3曲
忘れ咲き

GARNET CROWが得意とする、懐かしさを含んだ一曲。

知名度、人気ともに高い名曲です。

温もりのある中村由利さんのボーカルがとにかくハマっていて、もう完璧です。

これほど安らぎやノスタルジーを感じさせてくれる歌声は、他にないですね…。

Garnet Crow- (忘れ咲き)Wasurezaki Lyrics

 

雨上がりのBlue

爽やかでキラキラした一曲。

「やがて遠ざかってしまう夏の思い出に切なさを覚えながらも、それぞれの道に向かって進んでいく」みたいな、前向きな別れを感じます。

歌詞の儚さと力強さのバランスがまさに青春って感じで、かなり好きな曲です。

GARNET CROW – Ame Agari no Blue [Audio]

 

君 連れ去るときの訪れを

アルバムのラストを飾る、壮大な名曲。ファンの人気もとても高いです。

「君 連れ去る時」という、別れの表現が素晴らしいですね。

いつか来てしまう別れに思いを巡らせ、この世の儚さに涙をこぼす…

そんな豊かな感性を、大事にしたいと思える曲です。

GARNET CROW「君連れ去る時の訪れを」Audio

 

おわりに

おすすめアルバムはこの3枚!

1st  『first soundscope~水のない晴れた海へ~』

2nd 『SPARKLE~筋書き通りのスカイブルー~』

4th  『I’m Waiting 4 You 』

 

以上、GARNET CROWのおすすめアルバム3選でした。

知名度の高いシングル曲を多数含みつつ、彼女らの世界観を存分に味わえる3枚だと思います。

カップリング曲にも珠玉の名曲がたくさん溢れているのですが、まずはこの3枚を聞いてみてください。

そのうち、カップリング曲の紹介も書くかもしれません。

それでは。

コメント