【Sランク】フシギソウ【きよらかなもり攻略】

きよらかなもり
スポンサーリンク

どうも、あめっこ(amekko12)です。

ポケダン赤青最難関ダンジョン「きよらかなもり」の攻略レポートです。

  1. 序盤 ~14F
  2. エアームド狩り地帯 15F~17F
  3. 中盤 18F~50F
  4. マルマイン、エビワラー、サワムラー狩り地帯 51〜56F
  5. 終盤 57F~79F
  6. 深層 80F~

の6つに分類しております。

最後には、使用感と攻略ポイントをまとめておりますのでぜひご覧ください。

 

きよらかなもり完全攻略マニュアルです。

階層ごとの立ち回り等詳細に書いてあるので、あわせてご覧ください。

 

能力低下、状態異常わざを使ってくる敵ポケモンをまとめています。

 

ある程度知識のある方向けに書いていますので、用語等その他わかりにくいことがあれば、こちらのサイトを見ていただくとわかりやすいと思います。

清らかな森攻略スレまとめ - ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊/赤の救助隊 Wiki*

 

【Sランク】フシギソウ

Lv1ステータス 46-14-9-12-10

覚えるわざ

Lv1

たいあたり PP22 命中95 正面

なきごえ PP20 命中100 全体

やどりぎのタネ PP17 命中100 角抜け

Lv4

なきごえ PP20 命中100 全体

Lv7 

やどりぎのタネ PP17 命中100 角抜け

Lv10

つるのムチ PP15 命中88 正面

Lv15

どくのこな PP22 命中100 正面

ねむりごな PP19 命中100 周囲

Lv22

はっぱカッター PP17 命中84 直線

 

【14F〜】

初期ステータスはさほど高くはないが、すぐにレベルアップするので心配なかった。

なきごえを使いながら通常攻撃で敵を倒していき、経験値を稼いでいく。

レベル補正のおかげで火力も十分で、序盤は快調。

やどりぎのタネは悪くないわざ。

敵のHPがわかっているなら、歩き回ってうまく調整し、通常攻撃で倒せば経験値も手に入る。

レベルはぐんぐん伸びて、エアームド狩りまでにLv9に達した。

 

3Fあしらいスカーフ入手。保管。

6Fくっつかずきん入手。とりあえず装備。

12Fしあわせのタネ入手。温存。

 

【15F〜17F】

エアームド狩り開始時  Lv9

装備 くっつかずきん

わざ たいあたり、なきごえ、なきごえ、やどりぎのタネ

物資 おおきなリンゴ、ピーピーマックス

 

食料もピーピーマックスも一つずつしかなく、少し物資に不安を覚えつつエアームド狩り開始。

 

15Fで不思議な床あり。

エアームドのつつくが11ダメージほど入るが、ぼうぎょを下げられなければ致命傷には至らない。

途中Lv10でつるのムチを習得。やどりぎのタネを忘れさせようか悩んだが、なきごえに上書きした。結局やどりぎは使わなかったが…

やどりぎは、経験値目当てより、回復手段として使うべきわざだったかもしれない。

つるのムチはエアームドに20ダメージほど入る。そこそこ粘るが、食料の在庫がなくなったため、次の階へ。

結局16F17Fでも食料は拾えず、Lv12まで上げて、エアームド狩りはストップし、次へ進んだ。

 

エアームド狩り終了時 Lv12

わざ たいあたり、つるのムチ、なきごえ、やどりぎのタネ

 

【18F〜50F】

エアームド狩りが少し足りなかったのか、耐久はそこまで余裕はなかったが、なんとか進んだ。

途中、ねむりごなを習得できてから戦闘は安定したが、耐久面はやはり少し心もとなかった。

 

21Fモンハウ。稼ぐために通路で一匹ずつ処理していった。れんけつばこ入手。

23Fわざマシンメロメロを入手する。使わなかったやどりぎのタネを忘れさせ、メロメロに変更。

25Fしあわせのタネ入手。耐久に不安があったので、ちょうどLv13に上がったところで2つ食べてLv15に上げ、運良くねむりごなを習得。

ここはどくのこなとのランダム習得だが、今後の難易度を大きく左右する重要なポイント。ねむりごなのほうが圧倒的に有利に立ち回れる。

25Fモンハウ。逃げた。

29Fモンハウ。逃げた。

イトマルやグライガーのどくばりが11ダメージほど入ったり、そこまで耐久に余裕はなかった。

39Fモンハウ。無視。

この辺から、ピーピーマックスは拾えていたのでたいあたりとつるのムチを連結し、これを使いながら進んでいった。

厄介な敵はねむりごなやメロメロで動きを封じていた。ヤミカラスやイトマル、アリアドスなど特性ふみんのやつらにはねむりごなは効かないので、メロメロで。

とくにヤミカラスのつつくは30ダメージほど入り、危険だったので即メロメロしていた。

44Fのカクレオン商店でふみんスコープを購入しておいた。

48F超大部屋開幕モンハウ。ブーバーやゴルバットなど危険な敵がゴロゴロ降ってきて戦慄。ワープのタネで逃げた。

50Fでも開幕モンハウ。通路が近かったので、ねむりごなで周囲を眠らせ、逃げた。

 

【51F〜56F】

マルマイン、エビワラー、サワムラー狩り開始時 Lv17

装備  くっつかずきん

わざ  たいあたり+つるのムチ、ねむりごな、メロメロ

物資  おおきなリンゴ×3、リンゴ×3、ピーピーマックス×6

 

ここで一気に稼ぐために、たっぷり食料とピーピーマックスを溜め込んでおいた。

耐久はかなり不安があるので、メロメロやねむりごなで敵の動きを止めてから連結技で狩っていく。

敵の行動を封じるわざを覚えているので、あまりダメージをもらわず、戦闘は安定していた。

フシギソウはLv20を超えてもまだ必要経験値はそれほど上がらず、レベルアップはしやすかった。

不思議な床のあるフロアでかなり粘り、そこそこ稼ぐことができた。

 

52Fしあわせのタネ入手。

途中、Lv21に達したタイミングで食べて、Lv22に上げた。

はっぱカッターを習得するか見送るか、とても悩んだ。れんけつばこの在庫はなく、たいあたりを忘れさせると連結が分解になってしまう。

悩んだ末、ねむりごなやメロメロがあるので何とかなると判断し、連結を分解してたいあたりを忘れさせた。

しかし、はっぱカッターはかなり命中が低い。みとおしメガネもないため直線わざの強みが活かせず、ちょっと後悔した。

連結わざを外してまで覚えさせる程の性能ではないと感じた。

ピーピーマックスが残り2個になったところで、温存するために次へ。

Lv22で狩りは終了。

 

マルマイン、エビワラー、サワムラー狩り終了時 Lv22

わざ はっぱカッター、つるのムチ、ねむりごな、メロメロ

 

【57F〜79F】

Lv20を超えても必要経験値が少ないため、中盤以降も狩りをする価値はあるが、ピーピーマックスを終盤に温存するため戦闘は最低限にした。

(この辺はプレイスタイルによって判断が違うと思う。僕の場合は狩りが面倒くさいし、どれだけ稼いでレベルを上げても運が悪いときはどうせ死ぬので、ある程度のレベルに達したら逃げ切る準備を整え、即降りを開始するタイプ。サボりともいう)

 

出会った敵はメロメロやねむりごなで動きを止めて処理しながら、さっさと階段を降りていく。

マルマイン地帯で稼いだおかげで、耐久はそこそこ硬くなっていた。

コータスのひのこで20ダメージほどだった。

 

61F開幕モンハウ。ねむりごなで周囲を眠らせ、通路に逃げた。

76Fはらぺこリボン入手。一応持っておく。

79Fれんけつばこ入手。ピーピーマックスはたくさんあったので、ねむりごな、はっぱカッター、つるのムチを3連結。

深層に備え、ふみんスコープも装備しておく。

 

【80F〜】

深層は連結わざをフルに使い、一回も攻撃を喰らわないつもりで立ち回った。

ねむりごなは眠りターンが不安定でいつ動かれるかわからないので、危険な敵はメロメロを入れてから。

とくにカゲホウズは特性ふみんで眠らないので、絶対メロメロ。

 

ちなみに、敵をねむり状態にすると特性の発動を防ぐことができる。

つまり、パラセクトは眠らせればやっかいな特性ほうしが発動しない。

そのため、パラセクトはねむりごなで眠らせるようしていた。

 

くさタイプのわざの通りが悪く、いまひとつの敵は一撃で倒せない。パラセクトやモルフォンも1ターンでは倒せなかった。

耐久に余裕はなく、ポリゴン2のたいあたりで37、ポニータのひのこで47、パラセクトひっかく40モルフォンぎんいろのかぜ63ダメージも喰らう。

 

87Fで、PPが切れかけているのに連結わざを使ってしまう凡ミスをやらかし、わざの連結を外してしまう。

91Fわざマシンやつあたり入手。連結が外れていたので、はっぱカッターを忘れさせやつあたりに。

93Fれんけつばこ入手。ねむりごなとやつあたりとつるのムチを連結。カクレオン商店でつうかスカーフ購入。一応保険で。

このままなんとか逃げ切り、最終フロア到達。

 

クリア時ステータス

Lv26  133-54-39-52-40

わざ ねむりごな+やつあたり+つるのムチ、メロメロ

アイテム ふみんスコープ(装備)

あしらいスカーフ、つうかスカーフ、はらぺこリボン、かんつうバンダナ、くっつかずきん、ふみんスコープ、きのえだ20こ、おおきなリンゴ、オレンのみ、いのちのタネ、しゅんそくのタネ×2、ふこうのタネ、ふらふらのタネ×2、ワープのタネ、かんつうだま、しゅんそくだま、せんたくだま、わなみえのたま

 

モンスターハウス 7回、うち開幕3回

 

おわりに

感想

レベルアップが非常に早く、Lv20以降も必要経験値が少なくレベルアップしやすかったです。

序盤は火力も耐久も十分で狩りを進めることができました。どくタイプにより、毒状態にならないのも非常に心強い。

ただ、フシギソウは弱点が多いため、抜群をついてくる敵には油断できませんでした。

また、このダンジョンはくさタイプのわざの通りが全体的に悪く、なかなか敵を一撃で倒せないことも多かったです。

今回はねむりごなを習得できましたが、どくのこなを運悪く習得してしまうと、中盤以降かなりキツイと思われます。

同じSランクでも全体攻撃わざ持ちのイノムーリザードンと比べれば、かなり難易度は高いと感じました。

 

攻略ポイント

序盤は持ち前のレベルアップの早さで、有利に進めます。なきごえも多重習得するので、積極的に使って稼いでいきましょう。

エアームド狩りもぼうぎょさえ下げられなければ、それほど怖くないです。

最大のポイントは、Lv15ねむりごなorどくのこなのランダム習得。ねむりごなを引けるように祈りましょう。

ねむりごなはPPも多く命中安定のうえに、範囲はじぶんの周囲1マスに及ぶ優秀なわざ。最後まで敵の動きを止めるのに役立つ、フシギソウの要です。

運悪くどくのこなを引いてしまった際は、メロメロやタネマシンガンなど強力なわざマシンを拾わないとキツイかもしれません。Lv15までくるとやり直すのもしんどいので、何とか別のわざや優秀なわざマシンでカバーしたいところ。

Lv20を超えても必要経験値が少ないため、中盤以降もレベルアップが狙えます。普通に出会った敵だけわざで狩っていてもレベルは上がりますが、ピーピーマックスに余裕がある場合は、積極的に狩りをするのも有効です。

終盤から深層は、ねむりごなやメロメロで敵の動きを止めてから行動する余地を与えず倒していきましょう。

カゲボウズ特性ふみんなのでねむりごなは無効なので注意。くさタイプのわざがいまひとつのポケモンが多いので、連結技でも一撃で倒せないことが多いです。

きのえだ系の飛び道具は相手のタイプ関係なくかなり火力が出るので、集めておいて使うと良し。

 

早いレベルアップで安定した性能を誇るが、Lv15のねむりごなを習得できるかで大きく使用感が変わるギャンブルポケモン。

ただSランクなので、普通にクリアは狙える強さはあります。運に自信のある方は使ってみては。

 

他のポケモンの攻略レポートはコチラ↓

コメント